• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

花散ル都ノ特命譚

ローザやアイリスが暮らす、芳しき香りに包まれた花ノ国の都。 そこには、都を治める女王が直属で管理する特殊機関があった。 夜に紛れ、月光の下を暗躍し、都の平和を脅かす者を闇に葬る、彼らの名は「クレール・ドゥ・リュヌ」。 あるとき、「クレール・ドゥ・リュヌ」は、都でブラックマーケットを開き悪事を働く闇ギルドの壊滅を女王から命じられる。 こうして、特命を受けた妖精たちは、闇商人たちの悪意と欲望渦巻くブラックマーケットへ赴くのだった――。

  • 花咲ク夢ノ浪漫譚
  • 花降ル都ノ革命譚
  • 花舞ウ郷ノ戦記譚
  • 花咲ク絆ノ浪漫譚
  • 花照ル島ノ常夏譚
  • 花開ク心ノ魔法譚
  • 花香ル島ノ常夏譚
  • 花凍ル北ノ極寒譚