• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

「覚醒天使」 カノン

みんなを幸せにするのが天使の力… 傷つけるなんて間違ってる…

とある任務の際、教会に反発するレジスタンスの襲撃を受け、母親と共に応戦したカノン。しかし、同時に隣国からも攻撃を受けたことにより僻地へと飛ばされ、母親と離れ離れになってしまう。カノンはそこで、自分と共に僻地へと飛ばされたレジスタンスの少年と出会い、彼と共に国へ帰るべく旅を始めることとなる。旅の途中、カノンは少年と交流をする内に、この世界のことやそこで暮らす人間たちのことを知り、さらに「優しさ」や「寂しさ」など様々な人間の感情を知っていき、人間として成長を遂げていく。そんな中、教会国家では、隣国との戦争を終わらせるために民の命を捧げて天使兵器を送り込む「アナテマ計画」の実行が司教であるカノンの母親によって決定され、その結果、国民の三分の一もの魂が奪われてしまう。長い旅を終え少年と共に国へ戻ったカノンは、多くの民が命を落としたこの惨状を目の当たりにし、初めて「悲しい」という感情を知る。母親の命令に従ってきた自分が今までどれだけ酷い行いをしてきたのかという後悔、湧き上がる母親への否定の感情、しかし母親の教えしか知らないためにその感情をどう処理すればよいかわからない――。深く絶望するカノンに対し、「天使は人を殺すための存在ではなく、人を導き、支えるために生まれた存在だ。カノンなら、司教を止められる」と声を掛ける少年。その言葉で目を覚ましたカノンは、母親という呪縛の殻を破り、天使としての強大な力を覚醒させて、人々を導くために立ち上がるのだった。

性格
純粋無垢、人間らしい感情に目覚めている
誕生日
10/2
性別
好きなもの
自分に感情を教えてくれた少年
苦手なもの
悲しいという感情、寂しいという感情
関連モンスター
関連イベント
  • 超・獣神祭
関連動画