• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

三千世界を慈しむ妙音の女神 弁財天

一緒だよ、って伝えたい… 想いよ永遠に、届きませ…

天上から三千世界へと音楽の祝福を届ける日々を送る弁財天は、ある日、金切り声のような怪音を耳にする。とある謎の星が発生源だったこの不吉な音には他の星を引き寄せる働きがあり、弁財天は、このままでは星同士が衝突して宇宙消滅の危機が訪れることを察知する。自分が得意とする明るく楽しい演奏で星の金切り声をかき消そうと試みる弁財天だったが、二つの音は重なり合って不協和音となり、状況は悪化してしまう。弁財天は音を辿って原因を探り、その星がかつて繁栄した星で、今、星としての寿命が尽きようとしているという事実を知る。星は、最後を迎える前に失った生命を呼び戻そうとして、叫び声にも似た歪な音を発していたのだった。その音から悲しみを感じ取った弁財天が、星の孤独に寄り添うべく哀調を帯びた旋律を奏でると、その音と混ざり合って星が発する耳をつんざく音が切なく美しい音色へと昇華され、彼女の優しさに触れたことで星は自らの終わりを受け入れて美しく散っていく。明るく楽しい音楽だけではなく、悲しい音色が誰かを救うこともあるということを知った弁財天は、星の最後の輝きが誰かの心に留まるようにと静かに祈りを捧げるのだった。

性格
心優しく慈悲深い
性別
好きなもの
音楽、卵かけご飯
苦手なもの
音楽のない生活
関連イベント
  • リミテッド・スターズ
関連動画