• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

バサラ

何もしてねぇのに、 腹は減るんだよなぁ… めんどくせぇ…

悪鬼や怨霊が人を襲う世界、火ノ国。戦災孤児であるバサラは、暮らしていた街ごと魍魎たちの生贄にされたという事件の中で、幼いながらも常人離れした自我の強さと霊力を備えていたことにより、逆に自分の中に魍魎――婆娑婆娑という名の怪鳥――を取り込み、唯一”大厄災”を生き残った。火ノ国を治める帝に仕える軍”天部”の部隊を率いる12人の将である”天部十二神将”に拾われ、剣術と鬼道の修行を受けながら育てられたバサラは、一緒に育ったコクウたちと共に、天部十二神将の一員として行動を共にしてきたが、ある日、とある任務でいつも一緒に行動してきた幼馴染の少女を死なせてしまう。この出来事をきっかけにコクウは姿を消し、バサラは天部を離れ、放浪の旅へと出る。こうしてバサラは、食べたいときに食べ、行きたい場所へ行き、金がなくなったら魍魎退治で稼ぐというその日暮らしの自由で自堕落な生活を送るようになったのであった。

性格
我が強い自由人、基本的にはクールだが熱い心も持っている
誕生日
10/19
性別
好きなもの
自由、放浪
苦手なもの
立ち止まること、執着すること
関連モンスター
関連イベント
  • 超・獣神祭
関連動画