• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

鋼鉄の誓い2 ~希望の乙女~

―近未来。 外宇宙から突如襲来した謎のロボット軍・アンファンによって、人類は滅亡の危機に瀕していた。 世界政府はアンファンに対抗するため、各国の総力を結集し、特殊防衛機関アーステラを設立。 ロボット軍の機械細胞から「オトメタル」と呼ばれるナノマシン・コアの培養に成功したアーステラ軍事科学部門最高責任者のDr・コウテツは、エネルギーを武装へ転換することでロボット軍と同等の力を得られる「オトメタル」に適合する人間の選抜を開始する。その適合者とは、XX染色体を持ち、細胞分裂周期の短い10代の人間――すなわち、少女であった。 こうして全世界から集められた少女たちは、機関の有する軍事訓練校に通いながら、人類を脅かす敵との戦いに身を投じていく。