• Facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

グィネヴィア

私は白き幻…いつか自由に…

籠の鳥のように過剰に大切にされるがあまり、塔に幽閉されている王妃グィネヴィア。幽閉の日々によって感情に乏しくなった彼女だが、窓の格子の隙間から入ってきた小鳥たちと戯れ、話しかけているときばかりは感情をわずかに取り戻し、微かな笑みをこぼすのだった。

関連イベント
  • 聖杯伝説
関連動画